万葉集 第20巻 4475番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4475番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4475番歌

第20巻
歌番号 4475番歌
作者 大原今城
題詞 廿三日集於式部少丞大伴宿祢池主之宅飲宴歌二首
原文 波都由伎波 知敝尓布里之家 故非之久能 於保加流和礼波 美都々之努波牟
訓読 初雪は千重に降りしけ恋ひしくの多かる我れは見つつ偲はむ
かな はつゆきは ちへにふりしけ こひしくの おほかるわれは みつつしのはむ
英語(ローマ字) HATSUYUKIHA CHIHENIFURISHIKE KOHISHIKUNO OHOKARUWAREHA MITSUTSUSHINOHAMU
初雪よ、幾重にも降りかかっておくれ。恋い焦がれることの多い私なので、お前が降りかかるのを見ながら心を安らげよう。
左注 (右二首兵部大丞大原真人今城)
校異
用語 天平勝宝8年11月23日、年紀、作者:大原今城、宴席、大伴池主、恋情
タイトルとURLをコピーしました