万葉集 第20巻 4421番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4421番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4421番歌

第20巻
歌番号 4421番歌
作者 服部於由
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 和我由伎乃 伊伎都久之可婆 安之我良乃 美祢波保久毛乎 美等登志努波祢
訓読 我が行きの息づくしかば足柄の峰延ほ雲を見とと偲はね
かな わがゆきの いきづくしかば あしがらの みねはほくもを みととしのはね
英語(ローマ字) WAGAYUKINO IKIDUKUSHIKABA ASHIGARANO MINEHAHOKUMOWO MITOTOSHINOHANE
私が旅に出た後、嘆息のため息が出たら、足柄山の峰を這う雲を見ながら私を偲んでおくれ。
左注 右一首都筑郡上丁服部於<由> ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異 祢 [類] 祢尓 / 田 由 [元][万葉考]
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:服部於由、防人歌、埼玉、安曇三國、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました