万葉集 第20巻 4422番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4422番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4422番歌

第20巻
歌番号 4422番歌
作者 妻服部呰女
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 和我世奈乎 都久之倍夜里弖 宇都久之美 於妣<波>等可奈々 阿也尓加母祢毛
訓読 我が背なを筑紫へ遣りて愛しみ帯は解かななあやにかも寝も
かな わがせなを つくしへやりて うつくしみ おびはとかなな あやにかもねも
英語(ローマ字) WAGASENAWO TSUKUSHIHEYARITE UTSUKUSHIMI OBIHATOKANANA AYANIKAMONEMO
あの人を筑紫へ送り出した後も愛しい帯は解かずにおこう。これからはひとりもやもやしながら寝ることになるのでしょうか。
左注 右一首妻服部呰女 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異 婆 波 [元][類][紀][細]
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:妻服部呰女、防人歌、女歌、恋情、埼玉、安曇三國
タイトルとURLをコピーしました