万葉集 第20巻 4410番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4410番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4410番歌

第20巻
歌番号4410番歌
作者大伴家持
題詞(天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(陳防人悲別之情歌一首[并短歌])
原文美蘇良由久 々母々都可比等 比等波伊倍等 伊弊頭刀夜良武 多豆伎之良受母
訓読み空行く雲も使と人は言へど家づと遣らむたづき知らずも
かなみそらゆく くももつかひと ひとはいへど いへづとやらむ たづきしらずも
英語(ローマ字)MISORAYUKU KUMOMOTSUKAHITO HITOHAIHEDO IHEDUTOYARAMU TADUKISHIRAZUMO
大空を流れゆく雲も使いだと人は言うが、故郷の家へみやげを送ろうと思っても、どうしていいのか分からない。
左注(二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持)
校異
用語天平勝宝7年2月23日、年紀、作者:大伴家持、防人歌、望郷、悲別
タイトルとURLをコピーしました