万葉集 第20巻 4409番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4409番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4409番歌

第20巻
歌番号 4409番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(陳防人悲別之情歌一首[并短歌])
原文 伊弊婢等乃 伊波倍尓可安良牟 多比良氣久 布奈O波之奴等 於夜尓麻乎佐祢
訓読 家人の斎へにかあらむ平けく船出はしぬと親に申さね
かな いへびとの いはへにかあらむ たひらけく ふなではしぬと おやにまをさね
英語(ローマ字) IHEBITONO IHAHENIKAARAMU TAHIRAKEKU FUNADEHASHINUTO OYANIMAWOSANE
故郷の家の人たちが祈ってくれているからだろう。無事に船出して筑紫に向かったと親に伝えて下さい。
左注 (二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持)
校異
用語 天平勝宝7年2月23日、年紀、作者:大伴家持、悲別、防人歌、望郷、同情
タイトルとURLをコピーしました