万葉集 第20巻 4315番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4315番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4315番歌

第20巻
歌番号 4315番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 宮人乃 蘇泥都氣其呂母 安伎波疑尓 仁保比与呂之伎 多加麻刀能美夜
訓読 宮人の袖付け衣秋萩ににほひよろしき高圓の宮
かな みやひとの そでつけごろも あきはぎに にほひよろしき たかまとのみや
英語(ローマ字) MIYAHITONO SODETSUKEGOROMO AKIHAGINI NIHOHIYOROSHIKI TAKAMATONOMIYA
宮人(女官か)が着飾っている長袖の着物が秋の萩に照り映えてよく似合う、高円の宮は。
左注 (右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之)
校異
用語 天平勝宝6年、年紀、作者:大伴家持、植物、独詠、地名、高円、奈良、宮廷
タイトルとURLをコピーしました