万葉集 第20巻 4395番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4395番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4395番歌

第20巻
歌番号 4395番歌
作者 大伴家持
題詞 獨惜龍田山櫻花歌一首
原文 多都多夜麻 見都々古要許之 佐久良波奈 知利加須疑奈牟 和我可敝流刀<尓>
訓読 龍田山見つつ越え来し桜花散りか過ぎなむ我が帰るとに
かな たつたやま みつつこえこし さくらばな ちりかすぎなむ わがかへるとに
英語(ローマ字) TATSUTAYAMA MITSUTSUKOEKOSHI SAKURABANA CHIRIKASUGINAMU WAGAKAHERUTONI
龍田山を越えながら見てきた桜花は、私が帰るまでには散っていってしまうでしょうか。
左注 (右三首二月十七日兵部少輔大伴家持作之)
校異 祢 尓 [元][類]
用語 天平勝宝7年2月17日、年紀、作者:大伴家持、独詠、地名、龍田、奈良、植物、難波、大阪
スポンサーリンク

解説

題詞は「独り龍田山の桜花を惜しむ歌」という意味。龍田山(竜田山)は、奈良県生駒山地の最南端、信貴山の南に連なる大和川北岸の山々の総称。

「帰るとに」は「帰り着くまでに」という意味。

左注は4397番歌で終わり。

タイトルとURLをコピーしました