万葉集 第20巻 4397番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4397番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4397番歌

第20巻
歌番号 4397番歌
作者 大伴家持
題詞 在舘門見江南美女作歌一首
原文 見和多世波 牟加都乎能倍乃 波奈尓保比 弖里C多弖流<波> 波之伎多我都麻
訓読 見わたせば向つ峰の上の花にほひ照りて立てるは愛しき誰が妻
かな みわたせば むかつをのへの はなにほひ てりてたてるは はしきたがつま
英語(ローマ字) MIWATASEBA MUKATSUWONOHENO HANANIHOHI TERITETATERUHA HASHIKITAGATSUMA
見わたすと、あの丘の上の花々が輝き、照り映えている。そこに立っている女性は美しく可愛いひとだ。誰の妻だろうか。
左注 右三首二月十七日兵部少輔大伴家持作之
校異 婆 波 [元][類]
用語 天平勝宝7年2月17日、年紀、作者:大伴家持、独詠、望郷、難波、大阪

解説

題詞は「官舎の我が家の門、堀江の南に美女を見て作った歌一首」という内容。
「花にほひ」は「花々が輝き」という意味。この時の家持は、亡き妻を思って作った歌なのだろうか。
左注は「右3首は2月17日、兵部少輔大伴家持の作」とある。2月17日は天平勝宝7年(755年)。「兵部少輔」は兵部省次官。(四等官を参照。)

タイトルとURLをコピーしました