万葉集 第20巻 4445番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4445番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4445番歌

第20巻
歌番号 4445番歌
作者 大伴家持
題詞 即聞鴬哢作歌一首
原文 宇具比須乃 許恵波須疑奴等 於毛倍杼母 之美尓之許己呂 奈保古非尓家里
訓読 鴬の声は過ぎぬと思へどもしみにし心なほ恋ひにけり
かな うぐひすの こゑはすぎぬと おもへども しみにしこころ なほこひにけり
英語(ローマ字) UGUHISUNO KOゑHASUGINUTO OMOHEDOMO SHIMINISHIKOKORO NAHOKOHINIKERI
ウグイスの鳴く季節は過ぎたとは思うが、心に染みこんだその声を聞くと、依然として恋しい。
左注 右一首大伴宿祢家持
校異
用語 天平勝宝7年5月9日、年紀、作者:大伴家持、動物、宴席、恋情、大原今城
タイトルとURLをコピーしました