万葉集 第20巻 4400番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4400番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4400番歌

第20巻
歌番号 4400番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(為防人情陳思作歌一首[并短歌])
原文 伊<弊>於毛負等 伊乎祢受乎礼婆 多頭我奈久 安之<弊>毛美要受 波流乃可須美尓
訓読 家思ふと寐を寝ず居れば鶴が鳴く葦辺も見えず春の霞に
かな いへおもふと いをねずをれば たづがなく あしへもみえず はるのかすみに
英語(ローマ字) IHEOMOFUTO IWONEZUWOREBA TADUGANAKU ASHIHEMOMIEZU HARUNOKASUMINI
故郷を思って寝るに寝られずにいると、鶴が鳴いている葦辺も見えない。春の霞がたちこめていて。
左注 右十九日兵部少輔大伴宿祢家持作之
校異 敝 弊 [元][紀][細]
用語 天平勝宝7年2月19日、年紀、作者:大伴家持、動物、望郷、防人歌、同情、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました