万葉集 第20巻 4334番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4334番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4334番歌

第20巻
歌番号 4334番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 海原乎 等保久和多里弖 等之布等母 兒良我牟須敝流 比毛等久奈由米
訓読 海原を遠く渡りて年経とも子らが結べる紐解くなゆめ
かな うなはらを とほくわたりて としふとも こらがむすべる ひもとくなゆめ
英語(ローマ字) UNAHARAWO TOHOKUWATARITE TOSHIFUTOMO KORAGAMUSUBERU HIMOTOKUNAYUME
海原を遠く渡って年月が経っても彼女が結んでくれた着物の紐を決して解いてはなりません。
左注 (右九日大伴宿祢家持作之)
校異
用語 天平勝宝7年2月9日、年紀、作者:大伴家持、悲別、同情、防人歌
タイトルとURLをコピーしました