万葉集 第20巻 4461番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4461番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4461番歌

第20巻
歌番号 4461番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 保里江欲利 美乎左<香>能保流 <梶>音乃 麻奈久曽奈良波 古非之可利家留
訓読 堀江より水脈さかのぼる楫の音の間なくぞ奈良は恋しかりける
かな ほりえより みをさかのぼる かぢのおとの まなくぞならは こひしかりける
英語(ローマ字) HORIEYORI MIWOSAKANOBORU KADINOOTONO MANAKUZONARAHA KOHISHIKARIKERU
(難波の)堀江から水路をさかのぼる梶の音がひっきりなしに聞こえると、奈良が恋しくてたまらない。
左注 (右三首江邊作之)
校異 可 香 [元][類][古] / 梶乃 梶 [元][類][古]
用語 天平勝宝8年2月24日、年紀、作者:大伴家持、行幸、望郷、地名、奈良、序詞、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました