万葉集 第20巻 4457番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4457番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4457番歌

第20巻
歌番号 4457番歌
作者 大伴家持
題詞 天平勝寶八歳丙申二月朔乙酉廿四日戊申 太上天皇<大>后幸行於河内離宮 經信以壬子傳幸於難波宮也 三月七日於河内國伎人郷馬國人之家宴歌三首
原文 須美乃江能 波麻末都我根乃 之多<婆>倍弖 和我見流乎努能 久佐奈加利曽祢
訓読 住吉の浜松が根の下延へて我が見る小野の草な刈りそね
かな すみのえの はままつがねの したはへて わがみるをのの くさなかりそね
英語(ローマ字) SUMINOENO HAMAMATSUGANENO SHITAHAHETE WAGAMIRUWONONO KUSANAKARISONE
住吉の浜に立っている松の根は地中に長く延びている。そんな松の根のように心中深く思っているので、眼前に見える小野の草は刈らずにそのままにしておいて下さい。
左注 右一首兵部少輔大伴宿祢家持
校異 太皇太 大 [元][温] / 波 婆 [元][類][古]
用語 天平勝宝8年2月24日、年紀、作者:大伴家持、宴席、地名、大阪、難波、植物、恋愛、主人讃美、馬国人
タイトルとURLをコピーしました