万葉集 第20巻 4456番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4456番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4456番歌

第20巻
歌番号 4456番歌
作者 薩妙觀
題詞 (天平元年班田之時使葛城王従山背國贈薩妙觀命婦等所歌一首[副芹子L])薩妙觀命婦報贈歌一首
原文 麻須良乎等 於毛敝流母能乎 多知波吉弖 可尓波乃多為尓 世理曽都美家流
訓読 大夫と思へるものを太刀佩きて可尓波の田居に芹ぞ摘みける
かな ますらをと おもへるものを たちはきて かにはのたゐに せりぞつみける
英語(ローマ字) MASURAWOTO OMOHERUMONOWO TACHIHAKITE KANIHANOTAゐNI SERIZOTSUMIKERU
まあ、立派なお方と思っておりますのに、そんなお方が太刀を腰にさして可尓波(かには)の田んぼにお入りになって、芹子(せり)を摘んで下さったのですね。
左注 右二首左大臣讀之云尓 [左大臣是葛城王 後賜橘姓也]
校異
用語 天平1年、年紀、作者:薩妙觀、橘諸兄、葛城王、贈答、植物、戯笑
タイトルとURLをコピーしました