万葉集 第20巻 4460番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4460番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4460番歌

第20巻
歌番号 4460番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 保利江己具 伊豆手乃船乃 可治都久米 於等之婆多知奴 美乎波也美加母
訓読 堀江漕ぐ伊豆手の舟の楫つくめ音しば立ちぬ水脈早みかも
かな ほりえこぐ いづてのふねの かぢつくめ おとしばたちぬ みをはやみかも
英語(ローマ字) HORIEKOGU IDUTENOFUNENO KADITSUKUME OTOSHIBATACHINU MIWOHAYAMIKAMO
堀江を漕ぐ伊豆舟風の梶つくめはしばしば音を立てる。水路の流れが速いからだろうか。
左注 (右三首江邊作之)
校異
用語 天平勝宝8年2月24日、年紀、作者:大伴家持、行幸、地名、難波、大阪、叙景
タイトルとURLをコピーしました