万葉集 第20巻 4486番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4486番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4486番歌

第20巻
歌番号 4486番歌
作者 大炊王
題詞 天平寶字元年十一月十八日於内裏肆宴歌二首
原文 天地乎 弖良須日月乃 極奈久 阿流倍伎母能乎 奈尓乎加於毛波牟
訓読 天地を照らす日月の極みなくあるべきものを何をか思はむ
かな あめつちを てらすひつきの きはみなく あるべきものを なにをかおもはむ
英語(ローマ字) AMETSUCHIWO TERASUHITSUKINO KIHAMINAKU ARUBEKIMONOWO NANIWOKAOMOHAMU
天地を照らす日月の極みがないように皇位は無窮、何を思うことがありましょう。
左注 右一首皇太子御歌
校異 歌 [西] 謌 / 歌 [西] 謌
用語 天平宝字1年11月18日、年紀、作者:大炊王、肆宴、宴席、宮廷
タイトルとURLをコピーしました