万葉集 第20巻 4299番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4299番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4299番歌

第20巻
歌番号 4299番歌
作者 大伴村上
題詞 (六年正月四日氏人等賀集于少納言大伴宿祢家持之宅宴飲歌三首)
原文 年月波 安良多々々々尓 安比美礼騰 安我毛布伎美波 安伎太良奴可母 [古今未詳]
訓読 年月は新た新たに相見れど我が思ふ君は飽き足らぬかも [古今未詳]
かな としつきは あらたあらたに あひみれど あがもふきみは あきだらぬかも
英語(ローマ字) TOSHITSUKIHA ARATAARATANI AHIMIREDO AGAMOFUKIMIHA AKIDARANUKAMO
毎年新たにお逢いしますが、お慕いしているあなた様は見飽きることがございません。
左注 右一首民部少丞大伴宿祢村上
校異
用語 天平勝宝6年1月4日、年紀、作者:大伴村上、賀歌、寿歌、古歌、伝誦、宴席、主人讃美、大伴家持
タイトルとURLをコピーしました