万葉集 第20巻 4485番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4485番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4485番歌

第20巻
歌番号4485番歌
作者大伴家持
題詞
原文時花 伊夜米豆良之母 <加>久之許曽 賣之安伎良米晩 阿伎多都其等尓
訓読時の花いやめづらしもかくしこそ見し明らめめ秋立つごとに
かなときのはな いやめづらしも かくしこそ めしあきらめめ あきたつごとに
英語(ローマ字)TOKINOHANA IYAMEDURASHIMO KAKUSHIKOSO MESHIAKIRAMEME AKITATSUGOTONI
時節の花々はなんとまあ美しいことだろう。こうして花々を見て心を晴らそう。秋がやって来るたびに。
左注<右>大伴宿祢家持作之
校異可 加 [元][類] / 右一首 右 [元][紀][細]
用語天平勝宝9年、年紀、作者:大伴家持、天皇讃美、寿歌、永遠
タイトルとURLをコピーしました