万葉集 第20巻 4506番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4506番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4506番歌

第20巻
歌番号 4506番歌
作者 大伴家持
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)依興各思高圓離宮處作歌五首
原文 多加麻刀能 努乃宇倍能美也<波> 安礼尓家里 多々志々伎美能 美与等保曽氣婆
訓読 高圓の野の上の宮は荒れにけり立たしし君の御代遠そけば
かな たかまとの ののうへのみやは あれにけり たたししきみの みよとほそけば
英語(ローマ字) TAKAMATONO NONOUHENOMIYAHA ARENIKERI TATASHISHIKIMINO MIYOTOHOSOKEBA
高円の野の上の宮は荒れてきた。ご在位であられた聖武天皇の御代から遠ざかってきたので。
左注 右一首右中辨大伴宿祢家持
校異 婆 波 [類]
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:大伴家持、宴席、中臣清麻呂、依興、高円、離宮、宮廷、懐古、地名、聖武天皇
タイトルとURLをコピーしました