万葉集 第20巻 4505番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4505番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4505番歌

第20巻
歌番号 4505番歌
作者 大原今城
題詞 (二月於式部大輔中臣清麻呂朝臣之宅宴歌十<五>首)
原文 伊蘇能宇良尓 都祢欲比伎須牟 乎之杼里能 乎之伎安我未波 伎美我末仁麻尓
訓読 礒の裏に常呼び来住む鴛鴦の惜しき我が身は君がまにまに
かな いそのうらに つねよびきすむ をしどりの をしきあがみは きみがまにまに
英語(ローマ字) ISONOURANI TSUNEYOBIKISUMU WOSHIDORINO WOSHIKIAGAMIHA KIMIGAMANIMANI
磯の辺にいつも呼び合いながらやって来て住むオシドリ夫婦ではないが、この大切な我が身もあなた様の意のままです。
左注 右一首治部少輔大原今城真人
校異
用語 天平宝字2年2月、年紀、作者:大原今城、宴席、中臣清麻呂、序詞、動物、主人讃美、忠誠
タイトルとURLをコピーしました