万葉集 第20巻 4432番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4432番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4432番歌

第20巻
歌番号 4432番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 佐弁奈弁奴 美許登尓阿礼婆 可奈之伊毛我 多麻久良波奈礼 阿夜尓可奈之毛
訓読 障へなへぬ命にあれば愛し妹が手枕離れあやに悲しも
かな さへなへぬ みことにあれば かなしいもが たまくらはなれ あやにかなしも
英語(ローマ字) SAHENAHENU MIKOTONIAREBA KANASHIIMOGA TAMAKURAHANARE AYANIKANASHIMO
拒み得ない大君のご命令なので、いとしい彼女の手枕を離れ、やってきたが、切なく悲しい。
左注 右八首昔<年>防人歌矣 主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫 贈兵部少輔大伴宿祢家持
校異 年 [西(上書訂正)][元][紀][古]
用語 天平勝宝7年2月、年紀、防人歌、古歌、伝誦、磐余諸君、悲別、恋情
スポンサーリンク

解説

題詞は4321番歌から。

「障(さ)へなへぬ」は「拒み得ない」という意味。

左注は「右の八首は過去の防人の歌。主典刑部少録正七位上、磐余伊美吉諸君(いはれのいみきもろきみ)が抜き写して、兵部少輔大伴宿祢家持に贈ったものである」という意味。主典(さかん)は四等官。刑部少録は刑部省の書記。「刑部省」は裁判や行刑を司る所。 「兵部少輔」は兵部省次官

タイトルとURLをコピーしました