万葉集 第20巻 4433番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4433番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4433番歌

第20巻
歌番号 4433番歌
作者 阿倍沙弥麻呂(安倍沙美麻呂)
題詞 三月三日檢校防人 勅使并兵部使人等同集飲宴作歌三首
原文 阿佐奈佐奈 安我流比婆理尓 奈里弖之可 美也古尓由伎弖 波夜加弊里許牟
訓読 朝な朝な上がるひばりになりてしか都に行きて早帰り来む
かな あさなさな あがるひばりに なりてしか みやこにゆきて はやかへりこむ
英語(ローマ字) ASANASANA AGARUHIBARINI NARITESHIKA MIYAKONIYUKITE HAYAKAHERIKOMU
毎朝、毎朝、空高く上がるヒバリになりたいものだ。都に飛んで行って朝早く帰って来るのに。
左注 右一首勅使紫微大弼安倍沙<美>麻呂朝臣
校異 祢 美 [元][類]
用語 天平勝宝7年3月3日、年紀、作者:安倍沙美麻呂、宴席、動物、望郷、防人検校、大阪
タイトルとURLをコピーしました