万葉集 第20巻 4302番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4302番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4302番歌

第20巻
歌番号 4302番歌
作者 置始長谷
題詞 三月十九日家持之庄門槻樹下宴飲歌二首
原文 夜麻夫伎波 奈O都々於保佐牟 安里都々母 伎美伎麻之都々 可射之多里家利
訓読 山吹は撫でつつ生ほさむありつつも君来ましつつかざしたりけり
かな やまぶきは なでつつおほさむ ありつつも きみきましつつ かざしたりけり
英語(ローマ字) YAMABUKIHA NADETSUTSUOHOSAMU ARITSUTSUMO KIMIKIMASHITSUTSU KAZASHITARIKERI
この山吹は慈しんで育てましょう。このまま変わらないように。あなた様がいらっしゃって、髪飾りになさいますもの。
左注 右一首置始連長谷
校異
用語 天平勝宝6年3月19日、年紀、作者:置始長谷、宴席、植物、大伴家持、主人讃美
タイトルとURLをコピーしました