万葉集 第20巻 4468番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4468番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4468番歌

第20巻
歌番号 4468番歌
作者 大伴家持
題詞 臥病悲無常欲修道作歌二首
原文 宇都世美波 加受奈吉身奈利 夜麻加波乃 佐夜氣吉見都々 美知乎多豆祢奈
訓読 うつせみは数なき身なり山川のさやけき見つつ道を尋ねな
かな うつせみは かずなきみなり やまかはの さやけきみつつ みちをたづねな
英語(ローマ字) UTSUSEMIHA KAZUNAKIMINARI YAMAKAHANO SAYAKEKIMITSUTSU MICHIWOTADUNENA
現在あるこの身はとるに足りない身。清らかな山や川を眺めながら仏道の道を尋ねてみたい。
左注 (以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作)
校異
用語 天平勝宝8年6月17日、年紀、作者:大伴家持、無常、仏教、求道
タイトルとURLをコピーしました