万葉集 第20巻 4469番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4469番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4469番歌

第20巻
歌番号 4469番歌
作者 大伴家持
題詞 (臥病悲無常欲修道作歌二首)
原文 和多流日能 加氣尓伎保比弖 多豆祢弖奈 伎欲吉曽能美知 末多母安波無多米
訓読 渡る日の影に競ひて尋ねてな清きその道またもあはむため
かな わたるひの かげにきほひて たづねてな きよきそのみち またもあはむため
英語(ローマ字) WATARUHINO KAGENIKIHOHITE TADUNETENA KIYOKISONOMICHI MATAMOAHAMUTAME
大空を渡って山端に沈まんとしている太陽。その夕日が山影に隠れない内に清らかな仏道に入りたいものだ。再び元気な自分に戻れるように。
左注 (以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作)
校異
用語 天平勝宝8年6月17日、年紀、作者:大伴家持、無常、仏教、求道
タイトルとURLをコピーしました