万葉集 第20巻 4312番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4312番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4312番歌

第20巻
歌番号 4312番歌
作者 大伴家持
題詞 (七夕歌八首)
原文 秋草尓 於久之良都由能 安可受能未 安比見流毛乃乎 月乎之麻多牟
訓読 秋草に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ
かな あきくさに おくしらつゆの あかずのみ あひみるものを つきをしまたむ
英語(ローマ字) AKIKUSANI OKUSHIRATSUYUNO AKAZUNOMI AHIMIRUMONOWO TSUKIWOSHIMATAMU
秋草に輝く白露のように飽きもしない美しいあなたを相見られる。今夜の月の出が待ち遠しい。
左注 (右大伴宿祢家持獨仰天海作之)
校異
用語 天平勝宝6年7月7日、年紀、作者:大伴家持、七夕、独詠
タイトルとURLをコピーしました