万葉集 第20巻 4313番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4313番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4313番歌

第20巻
歌番号 4313番歌
作者 大伴家持
題詞 (七夕歌八首)
原文 安乎奈美尓 蘇弖佐閇奴礼弖 許具布祢乃 可之布流保刀尓 左欲布氣奈武可
訓読 青波に袖さへ濡れて漕ぐ舟のかし振るほとにさ夜更けなむか
かな あをなみに そでさへぬれて こぐふねの かしふるほとに さよふけなむか
英語(ローマ字) AWONAMINI SODESAHENURETE KOGUFUNENO KASHIFURUHOTONI SAYOFUKENAMUKA
青波に着物の袖さえ濡らしながら漕ぐ舟を、杭を振り下ろして水中に立て、つなぎとめている間に夜が更けてしまうだろうか。
左注 右大伴宿祢家持獨仰天海作之
校異
用語 天平勝宝6年7月7日、年紀、作者:大伴家持、七夕、独詠
タイトルとURLをコピーしました