万葉集 第20巻 4322番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4322番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4322番歌

第20巻
歌番号 4322番歌
作者 若倭部身麻呂
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 和我都麻波 伊多久古<非>良之 乃牟美豆尓 加其佐倍美曳弖 余尓和須良礼受
訓読 我が妻はいたく恋ひらし飲む水に影さへ見えてよに忘られず
かな わがつまは いたくこひらし のむみづに かごさへみえて よにわすられず
英語(ローマ字) WAGATSUMAHA ITAKUKOHIRASHI NOMUMIDUNI KAGOSAHEMIETE YONIWASURAREZU
私の妻は私のことを非常に恋しく思っているようだ。飲む水に面影になって出てくる。少しも忘れることが出来ない。
左注 右一首主帳丁麁玉郡若倭部身麻呂 ( / 二月六日防人部領使遠江國史生坂本朝臣人上進歌數十八首 但有拙劣歌十一首不取載之)
校異 比 非 [元]
用語 天平勝宝7年2月6日、年紀、作者:若倭部身麻呂、防人歌、静岡、坂本人上、恋情
タイトルとURLをコピーしました