万葉集 第20巻 4425番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4425番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4425番歌

第20巻
歌番号 4425番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 佐伎毛利尓 由久波多我世登 刀布比登乎 美流我登毛之佐 毛乃母比毛世受
訓読 防人に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨しさ物思ひもせず
かな さきもりに ゆくはたがせと とふひとを みるがともしさ ものもひもせず
英語(ローマ字) SAKIMORINI YUKUHATAGASETO TOFUHITOWO MIRUGATOMOSHISA MONOMOHIMOSEZU
今度防人(さきもり)に行くのはどこの旦那さんでしょうね、と問いかける人を見ると羨ましい。呑気に噂ばなしをして。
左注 (右八首昔<年>防人歌矣 主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫 贈兵部少輔大伴宿祢家持)
校異
用語 天平勝宝7年2月、年紀、防人歌、古歌、伝誦、磐余諸君、女歌、恋情
スポンサーリンク

解説

題詞は4421番歌から。

「物思ひもせず」は「呑気に噂ばなしをして」という意味。

左注は4432番歌で終わり。

タイトルとURLをコピーしました