万葉集 第20巻 4424番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4424番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4424番歌

第20巻
歌番号 4424番歌
作者 妻物部刀自賣
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 伊呂夫可久 世奈我許呂母波 曽米麻之乎 美佐可多婆良婆 麻佐夜可尓美無
訓読 色深く背なが衣は染めましをみ坂給らばまさやかに見む
かな いろぶかく せながころもは そめましを みさかたばらば まさやかにみむ
英語(ローマ字) IROBUKAKU SENAGAKOROMOHA SOMEMASHIWO MISAKATABARABA MASAYAKANIMIMU
色濃くあの人の着物を染めておくんだった。神の許可を賜って足柄峠を通るとき、はっきりと見えることだろうに。
左注 右一首妻物部刀自賣 / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之
校異 <> 九 [古]
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:妻物部刀自賣、防人歌、埼玉、安曇三國、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました