万葉集 第20巻 4495番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4495番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4495番歌

第20巻
歌番号4495番歌
作者大伴家持
題詞六日内庭假植樹木以作林帷而為肆宴歌
原文打奈婢久 波流等毛之流久 宇具比須波 宇恵木之樹間乎 奈<枳>和多良奈牟
訓読うち靡く春ともしるく鴬は植木の木間を鳴き渡らなむ
かなうちなびく はるともしるく うぐひすは うゑきのこまを なきわたらなむ
英語(ローマ字)UCHINABIKU HARUTOMOSHIRUKU UGUHISUHA UゑKINOKOMAWO NAKIWATARANAMU
ものみななびく春だよと、はっきりと告げるために、ウグイスが植木の木間にやってきて、鳴き渡っていってほしい。
左注右一首右中辨大伴宿祢家持 [不奏]
校異歌 [西] 謌 / 歌 [細] 歌一首 / 伎 枳 [元][類]
用語天平宝字2年1月6日、年紀、作者:大伴家持、動物、宮廷、肆宴、宴席、叙景、未奏
タイトルとURLをコピーしました