万葉集 第20巻 4317番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4317番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4317番歌

第20巻
歌番号 4317番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 秋野尓波 伊麻己曽由可米 母能乃布能 乎等古乎美奈能 波奈尓保比見尓
訓読 秋野には今こそ行かめもののふの男女の花にほひ見に
かな あきのには いまこそゆかめ もののふの をとこをみなの はなにほひみに
英語(ローマ字) AKINONIHA IMAKOSOYUKAME MONONOFUNO WOTOKOWOMINANO HANANIHOHIMINI
秋の野に今こそ出かけよう。男女の官人たちの装いが花に染まるのを見に。
左注 (右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之)
校異
用語 天平勝宝6年、年紀、作者:大伴家持、高円、宮廷、奈良、独詠
タイトルとURLをコピーしました