万葉集 第20巻 4303番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4303番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4303番歌

第20巻
歌番号 4303番歌
作者 大伴家持
題詞 (三月十九日家持之庄門槻樹下宴飲歌二首)
原文 和我勢故我 夜度乃也麻夫伎 佐吉弖安良婆 也麻受可欲波牟 伊夜登之能波尓
訓読 我が背子が宿の山吹咲きてあらばやまず通はむいや年の端に
かな わがせこが やどのやまぶき さきてあらば やまずかよはむ いやとしのはに
英語(ローマ字) WAGASEKOGA YADONOYAMABUKI SAKITEARABA YAMAZUKAYOHAMU IYATOSHINOHANI
貴君ちの庭の山吹がこんなに美しく咲くのでしたら、毎年ここにやってきましょう。
左注 右一首長谷攀花提壷到来 因是大伴宿祢家持作此歌和之
校異 壷 [西(右書)] 壷酒
用語 天平勝宝6年3月19日、年紀、作者:大伴家持、植物、宴席、賀歌、和歌、置始長谷
タイトルとURLをコピーしました