万葉集 第20巻 4319番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4319番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4319番歌

第20巻
歌番号 4319番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 多可麻刀能 秋野乃宇倍能 安佐疑里尓 都麻欲夫乎之可 伊泥多都良牟可
訓読 高圓の秋野の上の朝霧に妻呼ぶ壮鹿出で立つらむか
かな たかまとの あきののうへの あさぎりに つまよぶをしか いでたつらむか
英語(ローマ字) TAKAMATONO AKINONOUHENO ASAGIRINI TSUMAYOBUWOSHIKA IDETATSURAMUKA
秋の高円の野に朝霧が立ちこめている。こんな朝には妻を呼ぶ牡鹿が出で立って鳴いていることだろうか。
左注 (右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之)
校異 牟 [元][類] 武
用語 天平勝宝6年、年紀、作者:大伴家持、動物、地名、高円、奈良、宮廷、独詠