万葉集 第20巻 4310番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4310番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4310番歌

第20巻
歌番号 4310番歌
作者 大伴家持
題詞 (七夕歌八首)
原文 安吉佐礼婆 奇里多知和多流 安麻能河波 伊之奈弥於可<婆> 都藝弖見牟可母
訓読 秋されば霧立ちわたる天の川石並置かば継ぎて見むかも
かな あきされば きりたちわたる あまのがは いしなみおかば つぎてみむかも
英語(ローマ字) AKISAREBA KIRITACHIWATARU AMANOGAHA ISHINAMIOKABA TSUGITEMIMUKAMO
秋がやってくると、霧がたちこめる天の川、飛び石を並べれば続け様に逢えるのに。
左注 (右大伴宿祢家持獨仰天海作之)
校異 波 婆 [元][類][細]
用語 天平勝宝6年7月7日、年紀、作者:大伴家持、七夕、独詠
タイトルとURLをコピーしました