万葉集 第20巻 4431番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4431番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4431番歌

第20巻
歌番号 4431番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 佐左賀波乃 佐也久志毛用尓 奈々弁加流 去呂毛尓麻世流 古侶賀波太波毛
訓読 笹が葉のさやぐ霜夜に七重着る衣に増せる子ろが肌はも
かな ささがはの さやぐしもよに ななへかる ころもにませる ころがはだはも
英語(ローマ字) SASAGAHANO SAYAGUSHIMOYONI NANAHEKARU KOROMONIMASERU KOROGAHADAHAMO
笹の葉が風で騒ぐ霜の夜に着物を7枚も着るけれど、あの子の肌の暖かさにはかなわない。
左注 (右八首昔<年>防人歌矣 主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫 贈兵部少輔大伴宿祢家持)
校異
用語 天平勝宝7年2月、年紀、防人歌、古歌、伝誦、望郷、恋情、磐余諸君
タイトルとURLをコピーしました