万葉集 第20巻 4454番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4454番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4454番歌

第20巻
歌番号 4454番歌
作者 橘諸兄
題詞 十一月廿八日左大臣集於兵部卿橘奈良麻呂朝臣宅宴歌一首
原文 高山乃 伊波保尓於布流 須我乃根能 祢母許呂其呂尓 布里於久白雪
訓読 高山の巌に生ふる菅の根のねもころごろに降り置く白雪
かな たかやまの いはほにおふる すがのねの ねもころごろに ふりおくしらゆき
英語(ローマ字) TAKAYAMANO IHAHONIOFURU SUGANONENO NEMOKOROGORONI FURIOKUSHIRAYUKI
高い山の岩に生えている菅(すが)の根のように、降り積もった白雪の見事なこと。
左注 右一首左大臣作
校異
用語 天平勝宝7年11月28日、年紀、作者:橘諸兄、植物、橘奈良麻呂、寿歌
タイトルとURLをコピーしました