万葉集 第20巻 4325番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4325番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4325番歌

第20巻
歌番号 4325番歌
作者 丈部黒當
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 知々波々母 波奈尓母我毛夜 久佐麻久良 多妣波由久等母 佐々己弖由加牟
訓読 父母も花にもがもや草枕旅は行くとも捧ごて行かむ
かな ちちははも はなにもがもや くさまくら たびはゆくとも ささごてゆかむ
英語(ローマ字) CHICHIHAHAMO HANANIMOGAMOYA KUSAMAKURA TABIHAYUKUTOMO SASAGOTEYUKAMU
父も母も花であってくれればなあ。旅に出るにしても捧げ持って行けるのに。
左注 右一首佐野郡丈部黒當 ( / 二月六日防人部領使遠江國史生坂本朝臣人上進歌數十八首 但有拙劣歌十一首不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月6日、年紀、作者:丈部黒當、防人歌、静岡、坂本人上、恋情、望郷、枕詞
タイトルとURLをコピーしました