万葉集 第20巻 4356番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4356番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4356番歌

第20巻
歌番号 4356番歌
作者 物部乎刀良
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 和我波々能 蘇弖母知奈弖C 和我可良尓 奈伎之許己呂乎 和須良延努可毛
訓読 我が母の袖もち撫でて我がからに泣きし心を忘らえのかも
かな わがははの そでもちなでて わがからに なきしこころを わすらえのかも
英語(ローマ字) WAGAHAHANO SODEMOCHINADETE WAGAKARANI NAKISHIKOKOROWO WASURAENOKAMO
おいらの母さんは袖をもって頭を撫でながらおいらのために泣いてくれた。母さんのその心は忘れようにも忘れられない。
左注 右一首山邊郡上丁物部<乎>刀良 ( / 二月九日上総國防人部領使少目従七位下茨田連沙弥麻呂進歌數十九首 但拙劣歌者不取載之)
校異 努 [元][温] 奴 / 手 乎 [元][細]
用語 天平勝宝7年2月9日、年紀、作者:物部乎刀良、防人歌、千葉、茨田沙弥麻呂、悲別、恋情
タイトルとURLをコピーしました