万葉集 第20巻 4413番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4413番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4413番歌

第20巻
歌番号 4413番歌
作者 大伴部真足女(桧前舎人石前妻)
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 麻久良多之 己志尓等里波伎 麻可奈之伎 西呂我馬伎己無 都久乃之良奈久
訓読 枕太刀腰に取り佩きま愛しき背ろが罷き来む月の知らなく
かな まくらたし こしにとりはき まかなしき せろがまきこむ つくのしらなく
英語(ローマ字) MAKURATASHI KOSHINITORIHAKI MAKANASHIKI SEROGAMAKIKOMU TSUKUNOSHIRANAKU
枕元に置いた太刀を腰に帯びて愛しい夫は(難波に)向かって出発し、いつ到着するか分からないけれどご無事に。
左注 右一首上丁那珂郡桧前舎人石前之妻大伴<部>真足女 ( / 二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首 但拙劣歌者不取載之)
校異 <> 部 [元]
用語 天平勝宝7年2月29日、年紀、作者:桧前舎人石前妻:大伴部真足女、防人歌、埼玉、安曇三國、女歌、悲別
タイトルとURLをコピーしました