万葉集 第20巻 4464番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4464番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4464番歌

第20巻
歌番号 4464番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 保等登藝須 可氣都々伎美我 麻都可氣尓 比毛等伎佐久流 都奇知可都伎奴
訓読 霍公鳥懸けつつ君が松蔭に紐解き放くる月近づきぬ
かな ほととぎす かけつつきみが まつかげに ひもときさくる つきちかづきぬ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU KAKETSUTSUKIMIGA MATSUKAGENI HIMOTOKISAKURU TSUKICHIKADUKINU
ホトトギスの鳴き声を気にかけながらわれらが待っていた季節。松の木陰で着物の紐を解いて開放的になる時が近づいてきた。
左注 右二首廿日大伴宿祢家持依興作之
校異
用語 天平勝宝8年3月20日、年紀、作者:大伴家持、動物、依興
タイトルとURLをコピーしました