万葉集 第20巻 4463番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4463番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4463番歌

第20巻
歌番号 4463番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 保等登藝須 麻豆奈久安佐氣 伊可尓世婆 和我加度須疑自 可多利都具麻O
訓読 霍公鳥まづ鳴く朝明いかにせば我が門過ぎじ語り継ぐまで
かな ほととぎす まづなくあさけ いかにせば わがかどすぎじ かたりつぐまで
英語(ローマ字) HOTOTOGISU MADUNAKUASAKE IKANISEBA WAGAKADOSUGIJI KATARITSUGUMADE
ホトトギスが初めて鳴く朝、誰もが気づかないまま、ホトギスが門を飛び去っていくというのか。その無粋が語り草になるというのに。
左注 (右二首廿日大伴宿祢家持依興作之)
校異
用語 天平勝宝8年3月20日、年紀、作者:大伴家持、動物、依興
タイトルとURLをコピーしました