万葉集 第20巻 4482番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4482番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4482番歌

第20巻
歌番号 4482番歌
作者 藤原執弓
題詞
原文 保里延故要 等保伎佐刀麻弖 於久利家流 伎美我許己呂波 和須良由麻之<自>
訓読 堀江越え遠き里まで送り来る君が心は忘らゆましじ
かな ほりえこえ とほきさとまで おくりける きみがこころは わすらゆましじ
英語(ローマ字) HORIEKOE TOHOKISATOMADE OKURIKERU KIMIGAKOKOROHA WASURAYUMASHIJI
堀江を超えて遠いこの里まで送って来てくれた、君の心遣いは忘れようがありません。
左注 右一首播磨介藤原朝臣執弓赴任悲別也 主人大原今城傳讀云尓
校異 目 自 [元]
用語 天平勝宝9年3月4日、年紀、作者:藤原執弓、地名、難波、大阪、古歌、伝誦、大原今城、宴席、悲別、餞別、転用
タイトルとURLをコピーしました