万葉集 第20巻 4305番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4305番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4305番歌

第20巻
歌番号 4305番歌
作者 大伴家持
題詞 詠霍公鳥歌一首
原文 許乃久礼能 之氣伎乎乃倍乎 保等登藝須 奈伎弖故由奈理 伊麻之久良之母
訓読 木の暗の茂き峰の上を霍公鳥鳴きて越ゆなり今し来らしも
かな このくれの しげきをのへを ほととぎす なきてこゆなり いましくらしも
英語(ローマ字) KONOKURENO SHIGEKIWONOHEWO HOTOTOGISU NAKITEKOYUNARI IMASHIKURASHIMO
木々のうっそうと繁る、あの峰の上をホトトギスが鳴きながら越えてゆく。今にもこちらまでやって来そうだ。
左注 右一首四月大伴宿祢家持作
校異
用語 天平勝宝6年4月、年紀、作者:大伴家持、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました