万葉集 第20巻 4375番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4375番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4375番歌

第20巻
歌番号 4375番歌
作者 物部真嶋
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 麻都能氣乃 奈美多流美礼波 伊波妣等乃 和例乎美於久流等 多々理之母己呂
訓読 松の木の並みたる見れば家人の我れを見送ると立たりしもころ
かな まつのけの なみたるみれば いはびとの われをみおくると たたりしもころ
英語(ローマ字) MATSUNOKENO NAMITARUMIREBA IHABITONO WAREWOMIOKURUTO TATARISHIMOKORO
松の木が並んで立っているのを見ると、家の人々が並んで私を見送ってくれた様子にそっくりだ。
左注 右一首火長物部真嶋 ( / 二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首 但拙劣歌者不取載之)
校異 波 [紀][細][温] 婆
用語 天平勝宝7年2月14日、年紀、作者:物部真嶋、防人歌、栃木、田口大戸、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました