万葉集 第20巻 4332番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4332番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4332番歌

第20巻
歌番号 4332番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(追痛防人悲別之心作歌一首[并短歌])
原文 麻須良男能 由伎等里於比弖 伊田弖伊氣<婆> 和可礼乎乎之美 奈氣伎家牟都麻
訓読 大夫の靫取り負ひて出でて行けば別れを惜しみ嘆きけむ妻
かな ますらをの ゆきとりおひて いでていけば わかれををしみ なげきけむつま
英語(ローマ字) MASURAWONO YUKITORIOHITE IDETEIKEBA WAKAREWOWOSHIMI NAGEKIKEMUTSUMA
男子たるにふさわしく、靫(さや)を背負って門出をする夫と別れを惜しみ、嘆いたことだろうその妻は。
左注 (右二月八日兵部少輔大伴宿祢家持)
校異 波 婆 [元][類]
用語 天平勝宝7年2月8日、年紀、作者:大伴家持、悲別、同情、防人歌
タイトルとURLをコピーしました