万葉集 第20巻 4380番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4380番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第20巻 4380番歌

第20巻
歌番号 4380番歌
作者 大田部三成
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)
原文 奈尓波刀乎 己岐O弖美例婆 可美佐夫流 伊古麻多可祢尓 久毛曽多奈妣久
訓読 難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびく
かな なにはとを こぎでてみれば かみさぶる いこまたかねに くもぞたなびく
英語(ローマ字) NANIHATOWO KOGIDETEMIREBA KAMISABURU IKOMATAKANENI KUMOZOTANABIKU
難波の港を漕ぎ出して、見ると、神々しい生駒山に雲がたなびいている。
左注 右一首梁田郡上丁大田部三成 ( / 二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首 但拙劣歌者不取載之)
校異
用語 天平勝宝7年2月14日、年紀、作者:大田部三成、防人歌、地名、難波、大阪、叙景、出発、栃木、田口大戸
タイトルとURLをコピーしました