万葉集 第20巻 4362番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4362番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4362番歌

第20巻
歌番号 4362番歌
作者 大伴家持
題詞 (天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)(陳私拙懐一首<[并短歌]>)
原文 海原乃 由多氣伎見都々 安之我知流 奈尓波尓等之波 倍<奴>倍久於毛保由
訓読 海原のゆたけき見つつ葦が散る難波に年は経ぬべく思ほゆ
かな うなはらの ゆたけきみつつ あしがちる なにはにとしは へぬべくおもほゆ
英語(ローマ字) UNAHARANO YUTAKEKIMITSUTSU ASHIGACHIRU NANIHANITOSHIHA HENUBEKUOMOHOYU
ゆたかな海原を眺めながら、蘆の広まる難波で年を経たいものだ。
左注 右二月十三日兵部少輔大伴宿祢家持
校異 努 奴 [元]
用語 天平勝宝7年2月13日、年紀、作者:大伴家持、土地讃美、難波、地名、大阪、植物、大君讃美、寿歌
タイトルとURLをコピーしました