万葉集 第19巻 4193番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4193番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4193番歌

第19巻
歌番号 4193番歌
作者 大伴家持
題詞 (詠霍公鳥并藤花一首[并短歌])
原文 霍公鳥 鳴羽觸尓毛 落尓家利 盛過良志 藤奈美能花 [一云 落奴倍美 袖尓古伎納都 藤浪乃花也]
訓読 霍公鳥鳴く羽触れにも散りにけり盛り過ぐらし藤波の花 [一云 散りぬべみ袖に扱入れつ藤波の花]
かな ほととぎす なくはぶれにも ちりにけり さかりすぐらし ふぢなみのはな [ちりぬべみ そでにこきれつ ふぢなみのはな]
英語(ローマ字) HOTOTOGISU NAKUHABURENIMO CHIRINIKERI SAKARISUGURASHI FUDINAMINOHANA [CHIRINUBEMI SODENIKOKIRETSU FUDINAMINOHANA]
ホトトギス、鳴きながら飛ぶ羽ばたきによっても散ってしまう、盛りが過ぎつつある波打つ藤の花。
左注 同九日作之
校異
用語 天平勝宝2年4月9日、年紀、作者:大伴家持、動物、植物、高岡、富山、推敲