万葉集 第19巻 4165番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4165番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4165番歌

第19巻
歌番号 4165番歌
作者 大伴家持
題詞 (慕振勇士之名歌一首[并短歌])
原文 大夫者 名乎之立倍之 後代尓 聞継人毛 可多里都具我祢
訓読 大夫は名をし立つべし後の世に聞き継ぐ人も語り継ぐがね
かな ますらをは なをしたつべし のちのよに ききつぐひとも かたりつぐがね
英語(ローマ字) MASURAWOHA NAWOSHITATSUBESHI NOCHINOYONI KIKITSUGUHITOMO KATARITSUGUGANE
男子たる者、名を立てるようにすべきだ。後の世の人も語りぐさにするだろうから。
左注 右二首追和山上憶良臣作歌
校異
用語 天平勝宝2年3月、年紀、作者:大伴家持、憶良、追和、儒教、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました